長年の思いだった戸建ての家を買いま

長年の思いだった戸建ての家を買いました。引っ越しの以前に、それぞれの居室にクーラーを取り付けなければなりません。必要なクーラーの数は四つ、なかなかの支出です。

それでも、大手の電器店で一度に四つ買うからと依頼すると、かなり割引をしてくれました。予定していた支出よりも、かなり安くすみました。

新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、今度は是非おおまかに、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。
引っ越しの準備をあまり早い時期に始めてしまうと今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。こういった際は、今の生活で必須ではない、季節の衣類や本などから少しずつ荷造りしていくと無駄なく進めていけるはずです。居住地を変えることにより、転出・転入の手続きをしますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。固定電話の番号は、その最たるものです。
最寄りのNTTに連絡して、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておくことが大事です。

固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。

同じ市内局番エリア内の引っ越しなら電話番号を変える必要はありません。
この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、契約締結をするためには印鑑証明書を用意しておく必要がある、ということはその時に初めて教わりました。

以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、新居のある市の役所などに行って新しく印鑑登録の手続きが必要になります。

仕方がないのでバタバタと登録しに行ってかなり慌てふためいたものでした。この間の引っ越しでは、大きい家具だけ業者に運んでもらい、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。
ものの移動だけ終わらせて、転入届を市役所で出してきました。

いろいろなハプニングもありましたが、誰かがどこかで助けてくれて感謝の一言です。
ご近所への挨拶も済ませ、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。引越し費用には定まった価格は存在しませんが、おおよその料金相場を知っている場合は、引越社の検討や費用の交渉がしやすくなります。

引っ越し条件をみなおしたり、引越し業者の都合のあわせることで、料金をさげてもらうこともできるようになります。引越しを行うにあたって、それまで暮らしていた家が借家の場合は原状回復義務が発生します。この原状回復義務というのは、借りていた時につけた傷や壊れた物等を住む前の状態に戻すためにかかる費用を支払う義務のことで、通常であれば敷金からその分の費用を差し引かれて、残ったお金が手元に戻ってくるというような形となります。年金生活になれば、誰でも生活の大きな変化を余儀なくされます。

これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。

これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。

ここで思い切って、住環境を変えてみるのも選択肢の一つでしょう。
引越しの前日にしなければいけないこととして怠っていけないのは、冷蔵庫の水を抜いておくことです。

水抜きができない人はとりあえず冷蔵庫のコンセントを抜いておいた方が良いです。

常識ですが、中にものを入れてはいけません。

そうでないと、当日冷蔵庫の運搬に問題が生じる可能性もあります。
私も転出した際に運転免許の住所を取り替えました。

入れ替えしないと、更改の手続きが円滑にできません。

住民票を移転させるのと同じように早期に運転免許も変更しておいた方が後々が安心です。失念せずに、遂行しておきましょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the <a href="https://www.kongo-sekirinzan.com/%e9%95%b7%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%80%9d%e3%81%84%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%84%e3%81%be/" title="Permalink to 長年の思いだった戸建ての家を買いま" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.