MENU

長距離引越しの費用を安くするには

長距離費用

長距離引越し

遠距離運搬

長距離方法

 

 

引越し費用の内訳

 

引越し費用=荷物の量+運搬距離+人件費+オプション

 

荷物の量はトラックの大きさに直結します。荷物が多くて大きなトラックが必要なら、多くのスタッフが必要ですし、ガソリン代もかかります。
荷物の少ない人は、小さなトラックと2人くらいのスタッフで充分です。小さなトラックの方が大きなトラックよりも燃費が良いので、ガソリン代もそんなにかかりません。
だから、引っ越す前にできるだけ荷物は減らしましょう。
引っ越す前に捨てるのと新居で捨てるとでは、費用に大きな差が生まれます。

 

そして引越し費用に1番大きな影響があるのが、移動距離です。
東京都内の中での引越と、東京から大阪までと、東京から博多までとでは移動が長距離の分、費用も大幅に増えます。
どのくらい増えるかというと、数万円も差が出るのです。

 

長距離移動することによってその分ガソリン代がかかりますが、それだけはなくトラックの運転を交代するスタッフも必要です。
長距離引越しの場合、東京から大阪まで行って荷物を下ろしたあと、再び東京に戻らなくてはなりません。
トラックは一方通行ではないのです。

 

この時、空っぽのトラックを走らせるのは勿体ないですよね。
帰路につくトラックを利用して、荷物を運ぶサービスが混載便です。
混載便はトラックを貸し切って行う引越しに比べて費用が安くなるメリットと、荷物の量がある程度増えないと出発しないというデメリットがありますが、そんなに急いで運ぶ必要がない荷物を安く送る場合にはいい方法です。

 

 

引っ越しの手段

長距離引越しで費用を安くしたい場合で、単身引っ越しなら単身引越パックという手もあります。

 

1人暮らしの荷物を送るくらいの小さなコンテナに荷物をまとめることで、引越し費用をおさえることができます。
荷物の量によって、コンテナの大きさを選べるという引っ越し業者もあります。

 

このように長距離引越しにはいろいろな方法があり、どこの会社がどんなサービスをしているのかは比べてみないとわからないのです。
同じ引っ越し会社でも、すべての業者が混載便や引っ越しパックのコンテナを扱っているわけではないのです。

 

しかし同じ荷物の量で、同じ長距離を引っ越しするなら、費用が安い方が嬉しいと思いませんか?
それなら複数の引っ越し業者から見積もりを取ってみるのが1番良い方法です。
今は、引っ越し業者一括見積もりが出来ますので、1度情報を入力すると最大10社から見積もりを取ることができるのです。

 

遠距離 引越し

 

 

 

長距離引越しで一括見積もりを使うと

 

大手から地域密着の会社まで200社以上が参加しています。
あなたの住まいの地域に対応できる引っ越し業者を自動で選択して、見積もりを依頼することができる便利なシステムです。

 

引越し費用なんてどこもそんなに変わらないのでは?と思うかもしれませんが、同じ業種でも会社によってお給料違うように、引越料金にもかなり差があります。
それは長距離引越しほど差が感じられます。

 

例えば近距離で18000円と22000円だと4000円の差しかありませんが、長距離だと80000円と100000円だと20000円の差があります。
この差は大きいです。新しい家具を買うお金になりますからね。
このように、運搬費用は長距離であるほど大金になりますので、かならず複数の引っ越し業者から見積もりを取って比較してくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・ファミリーの引っ越しにおすすめ